FABRISTA

MENU

NEWS

4/28:FABRISTAショールーム&ブランド information

 

2020/05/05

 

メルマガ ARCHIVE

2020/4/28 配信


平素は大変お世話になっております。
今回は多種多様な機能がついたレースカーテンをご紹介いたします。

【遮熱機能】
遮熱のレース生地は太陽の熱を反射し、室内の温度上昇を抑える効果があります。
以前はカーテン生地の裏がコーティングされたようなツヤツヤ、ギラギラしたものしかなかったのですが、最近は糸自体に金属酸化物を封入し赤外線を跳ね返す特殊な技術が使われており、一見すると遮熱のカーテンとはわからないナチュラルな風合いになっています。
これからの暑い時期は特に重宝される機能ですので、南や東面の窓や、タワーマンションの窓におすすめのカーテンです。

【プライバシー機能】
特異な断面形状により、外からの視線を遮ってプライバシーを保護しながらも、光拡散と採光により部屋の隅々まで自然光を取り入れるレースカーテン。対面の家やオフィスから見えたくないという場合でも、人影が写りにくく、プライバシーを守れます。また、日中部屋にいても日焼けしてしまったり、家具や壁紙が色あせてしまうことがありますが、そんな紫外線ダメージも防いでくれる優れものです。

【花粉・ほこりブロック機能】
縮れた糸を使う特殊な繊維構造によりレース生地がフィルターの役割を果たし、花粉やほこりの侵入を防いでくれます。また、洗濯してもその効果が落ちることがありません。

【細菌分解機能】
害のないセラミックス複合技術で細菌やウイルスを吸着し、有機物質を分解します。また嫌なニオイを分解して消臭してくれます。
※新型インフルエンザウイルス(コロナウイルス)には対応しません。

上記でご紹介した機能は国産メーカーが主流ですが、海外メーカーでも特に機能性生地に力を入れているのがドイツのドラピルックス社です。ドラピルックス社は様々なデザインアワードを受賞していますが、今年のジャーマンデザインアワードではその【吸音性能】と製品デザインが認められ、エクセレントプロダクトデザイン賞を受賞しました。写真の中では椅子の張地と壁のパネルに使用されています。
また、ドレープ(厚地)だけではなくレースの生地でも吸音機能がある生地を発売し、話題となっています。
https://en.drapilux.com/award-winning-textiles-and-sound-absorbers

おうちにいる時間が長くなり、インテリアに注目が集まる今、機能性のあるカーテンで快適なお部屋づくりをご提案されてみてはいかがでしょうか。

>>お問合せフォームはこちら

 

close