FABRISTA

MENU

NEWS

6/15:【♪ ジャンピング ゼブラのキッチン ♬】

 

2021/06/22

 

メルマガ ARCHIVE

2021/6/15 配信


初夏が近づいてまいりました。
少し古くですが、「夏は日向を行け 冬は日陰を行け」という言葉があります。
2021年、今年の夏もやっぱり、そんな予感がいたします。
でもそんなことばかり考えてもいられないので、楽しいことを探してみました。
ちょうど『VOUGUE JAPAN』様のFBを何気なく見ていましたら、キラッと光ったものがありましたので、ご紹介させていただきます。

■Mark Ronson(マークロンソン氏)のお家。
「ジャンピングゼブラ」の朝食用キッチン。

お気づきでしょうか? はい、そうなのです! 壁紙が‘’ZEBRA YELLOW’’ なのです!

ハリウッドにあるスパニッシュハウスらしいのですが、ロサンゼルスの風土によく合う開放的でコージー、快適なインテリア、中庭には噴水、プール、敷地内にはヤシなどの南国の植物が生茂り、プライベートで落ち着いた生活のようです。室内は、まるで洞窟のようなアーチ型の出入り口や、スパニッシュタイルやアールヌーボー様式のアイアン、白い漆喰のような壁で、This is the Spanish!!個人的にはたまらなく興味深い造りで勉強になります。
ただ、壁を深いグリーンやブルーにしたり、黄色のゼブラ壁にしたり、アートやパネル、賞状やトロフィー、記念品を飾ったりと、マークロンソンらしいアレンジは、とてもユニークで独創的、想像的な世界であり、仲間(仕事)や家族を大切にしている生き様にも触れることができた気がいたしました。

インタビューでは自他ともに柄好き、カラフルで派手なものが大好きな方のようですが、好きなものを集めていると、「バラバラなもののように見えても最終的には何かしらの共通点があり並べてみると、部屋全体の調和がとれた。」と仰っています。このセオリー、おそらく皆様、経験上自然な感覚としてお持ちだと思いますがとてもよく当てはまるように感じます。
LAハリウッド、スター、夢のようなセレブ生活ですが、お家のなかを拝見して、にわかで恥ずかしいのですが、ちょっとマークロンソンさんのファンになりました。
そんな新しい発見を楽しんだ週末でした。。。
Thank you So much!
 
 
 
>>scalamandreのご紹介はこちら
 
>>ご不明点、お問合せ等ございましたらお電話、またはこちら
 

close