FABRISTA

MENU

NEWS

6/22:【オンラインセミナー「WHAT IS SEK ?」ダイジェスト】

 

2021/06/29

 

メルマガ ARCHIVE

2021/6/22 配信


先日開催させて頂きましたオンラインセミナー「WHAT IS SEK?」。コントラクトカーテンやロールスクリーンの見本帳で昨今良く目にするようになりましたSEKマークに関して商社目線で解説をさせて頂きました。
お時間が合わずご参加頂けなかった方も多くいらっしゃると思い、ダイジェストという形で改めて内容をお伝えしたいと思います。

◎そもそもSEKって何?
 
SEK = Sen-i Evalution Kino
 
一般社団法人繊維評価技術協議会が実施する認証制度(業界自主基準)
抗菌防臭加工を施した繊維製品の表示用語、評価方法・基準、安全性などに自主基準を設け、基準に合格した商品には「SEK」を表示できるマーク制度を実施しています。
1980年頃、抗菌防臭加工の靴下を各社が独自の基準で販売し、消費者の混乱を解消することがきっかけとなったようです。
 
 
 
◎インテリアファブリックでよく使用されている制菌加工
 
制菌加工のSEKマークには赤とオレンジ(橙)があります。
SEK赤マークは医療機関、介護施設、行政機関等が必要と認めて指定する業務用の繊維製品を対象として付与される制菌加工済みの認証マークです。
医療・介護分野においても高い安全性を発揮します。このため、定用途(赤マーク)の製品は、一般の店頭での販売が禁止されています。
 
SEKオレンジ(橙)マークは一般用途の繊維製品を対象として付与される制菌加工済みの認証マークです。一般家庭等で幅広く使用することが出来る商品で、不特定多数の方が出入りする公共施設や幼稚園・保育園にもおすすめです。
 
SEK赤マークもオレンジマークも上記の通り同じ菌で試験をしていますが、赤マークは医療にも使用する特定用途ですので、MRSA(メチリシン耐性ぶどう球菌)を追加した試験を行っております。
 
ここで取り扱い上の注意点がございます!!!
 
とある保育園の現場で、赤マークもオレンジマークも取得しているロールスクリーンの生地が採用になったとします。
「SEKマークを製品に付けてくださいね」と言われ、
「そっか、なんか赤の方が強そうだから赤にしておけば間違いないかー」とメーカーに赤マークを指定したとします。
後日・・・。
「なんで赤マークなの!?オレンジマークじゃないと困るよ!これじゃ検査が通らないじゃないかー!!!」
 
・・・。
となる可能性がございます・・・。
 
ご発注の際は必ずSEKマークでも何色のSEKマークか?を必ずご確認ください。
皆様のお仕事のお役に少しでも立てれば幸いです。
 
 
>>ご不明点、お問合せ等ございましたらお電話、またはこちらまで
 

close