FABRISTA

MENU

NEWS

3/15:【ヘンプファブリックの魅力とは】

 

2022/03/22

 

メルマガ ARCHIVE

2022/3/15 配信


 

3月も半ばに入り、日の長さや明るい日差しで春を感じることも増えてきました。

立春や夏至など季節を表す言葉として用いられる二十四節気の中で、今は「啓蟄(けいちつ)」。

啓蟄とは、暖かくなり冬ごもりしていた生き物が目覚める頃を表します。
太陽が当たって雪解けが進み、土の中も暖かくなって生き物が動き出す様子を想像すると、春の訪れを感じます。

さて今回は、ある天然素材についてご紹介したいと思います。

最近ブランドの新作発表会に行くと目にするヘンプ。和訳すると大麻。
これだけ聞くと物騒なイメージですが、ヘンプはファブリックとして環境に優しく、人にも優しい素材なのです。

弊社の輸入ファブリックでも今期新作にヘンプファブリックが含まれておりますので後ほどご紹介させていただきます。

 

ヘンプとは

ヘンプが大麻と和訳されることは前述しましたが、そもそも「麻」には様々な種類がございます。汎用されている麻の種類は大きく分けて3つ。

◆リネン・・・亜麻(あま)
◆ヘンプ・・・大麻(たいま)
◆ラミー・・・苧麻(ちょま) 

リネンはよく聞きますが、耳慣れないヘンプやラミーも麻の一種として、インテリアや衣料、日用品で使われています。

ヘンプは生育速度と環境への順応性の高さから、熱帯から寒冷地まで世界中ほとんどの地域に定着しています。

日本にも戦前はもともと自生しており、しめ縄やお祓いに使う道具に使われ、日本人の生活にヘンプ素材は古来より親しまれていました。

 

●サスティナブルな特徴

ヘンプは現在、サスティナブルな素材として世界で注目されています。
一体どんな特徴があるのでしょうか。

〇農薬・化学肥料をほとんど必要としない
ヘンプは害虫に強く、農薬なしでは栽培が難しいコットンに比べて環境にやさしい植物です。

〇成長が早い
100~120 日で3~4m 程に成長し、毎年収穫可能です。
雑草よりも成長が早いため、そもそも除草剤を使う必要がありません。

〇土壌が柔らかくなる
根を土壌中に張り巡らすため、土の中の微生物環境が改善し、土壌をふかふかにする効果があります。日本では昔から、痩せた土地を改良するためにヘンプを植えてきました。

〇不良土でも育つ
年間降水量100~200ミリの土地でも栽培でき、ヘンプは少しの水で育ちます。
コットンを1キロ採るためには水が2万リットル必要だそうです。
一方ヘンプの必要な水の量は4分の1。砂漠の緑化にも貢献できる可能性があるとされています。

 

●ヘンプ生地の特徴

環境に優しいヘンプ生地ですが、生地としての機能も優秀なのです。
麻と聞いて思い浮かぶのは、夏に着るようなさっぱりとした清涼感ですが他にもいろいろな特徴・効果があります。

〇吸水性、速乾性に優れる
繊維表面には無数のひび割れと小さな穴があり多孔構造になっています。
そのため水分を早く吸い上げることができ、それを拡散することで蒸発を促進します。
つまり、吸水性、速乾性に優れているということです。

〇紫外線防止
繊維自体が紫外線に強く、日光に強いため昔は漁網に使われていたくらい丈夫な素材です。

〇消臭性
繊維の空洞には無数の酵素があり、細菌を繁殖させない効果があります。

〇シャリ感があり通気性がある

〇自然な光沢がある

〇カビや害虫に強い

 

 

ヘンプファブリックのご紹介

FABRISTAの取り扱いブランドの中にもヘンプ100%でできたファブリックがございます。

輸入ファブリック de ploeg:(デュ・プルフ/オランダ)から今年1月に新作で入荷しました「basket」は100%ヘンプで組成されており、自然素材のナチュラルな風合いが特徴です。

リサイクルしやすい天然素材100%で出来ているため、たとえごみになったとしても、土に還ることができます。

目にも優しいアースカラーの全5色展開です。


de ploeg  「basket」 生地巾325cm  ¥21,100/M (2022price)

 

今回は、ヘンプファブリックの特徴や魅力についてご紹介させていただきました。

天然素材ヘンプならではの優しい質感、素朴で温かみのある風合いを是非ショールームでお手にとってご覧ください。

寒暖定まらぬ時期ですので、健康には十分にご留意くださいませ。

 

 

>>ご不明点、お問合せ等ございましたらお電話、またはこちらまで

※現在ショールームでは 検温・都度アルコール消毒など感染対策を行い予約制にて対応させて頂いております。

close